東京高等学校ってどんな学校?

新しい環境に飛び込むのに、不安はつきものです。
入試は?先生たちは?クラス編成は?大学進学は?勉強とクラブ活動の両立は? etc.・・・・・・。
そこで、お問い合わせが多い質問をいくつかご紹介します。


 入学試験について?

入学試験には、
推薦入試/推薦T(推薦基準あり)・推薦U(推薦基準なし)
一般入試第1回目(2科目入試:国・英または数・英)
一般入試第2回目(1科目入試)
とがあります。詳しくは、「募集要項」をご覧ください。
平成28年一般入試1回目の合格最低点は、英・数175点/300点、英・国180点/300点です。

最近5年間の応募状況は、

募集数 応募数 倍率
平成29年   300名   874名  2.9倍
平成28年   300名  847名 2.8倍
平成27年   300名   940名  3.1倍
平成26年     300名   949名  3.2倍
平成25年   300名   973名  3.2倍




 先生達は厳しい?


たしかに厳しい面もありますが、基本的にはみんなとても親切です。
例えば、授業でわからない点があれば、後でしっかり理解できるまで教えてくれますし、進路などの悩みに対しても、いろいろと調べて親身になって応じてくれます。だから、昼休みや放課後の教員室はいつも生徒たちが大勢いて和気あいあいとしたム−ドです。



 進路指導と進学状況は?  


東京高等学校では、進路指導が始まるのは一年次からです。まずは学習面での実力を客観的に捉える必要性から、一学年より定期的に模擬テスト(河合塾・ベネッセ等)や面談を行い、個人の希望に沿ったアドバイスをしています。
そして二年次以降、いよいよ進路選択が本格的にスタ−トすると、進路オリエンテ−ションや個人面談、適性検査、上級学校や職業のリサ−チなどを総合的に行ない、あくまでも生徒本人が納得する形で自分に合った大学や学部・学科を選べるよう指導します。
東京高等学校の生徒の約80%以上が部活動に参加しています。部活動を続けながら受験勉強にも力を入れなくてはなりません。そこで、東京高等学校では26年前から河合塾サテライト講習(自宅でも学習できるkaelの導入)を積極的に取り入れ、平成27年現在の受講者数は530名、延べ2,397講座もの参加者が早朝から放課後遅くまで校内で受講しています。自宅でも学習できるkael受講者は397名です。教員による土曜講習も充実しており、進学校として、私立学校だからこそ許される最大限の範囲で、実質的かつ効率的な受験体制をとっています。

平成29年3月卒業生の進路状況は、





 クラブ活動は活発? 


全般的にクラブ活動は盛んで、とりわけスポ−ツ関連のクラブは、全国レベルで活躍するところもたくさんあるほどです。
また、スポ−ツ推薦入試(男子陸上部、女子陸上部、ラグビ−部、女子硬式テニス部
女子バレ−ボ−ル部、サッカ−部、野球部)にも力を入れているので、学校生活のほとんどを思い切り好きなスポ−ツに打ち込み、競技で立派な成績を残して進学する生徒もいます。
クラブ活動というと、勉強との両立が何かと問題になることがありますが、東京高等学校ではその点を重視し、勉強とクラブ活動がうまく両立できるよう、サポ−トする態勢をとっています。そのため、クラブ活動に力を入れる生徒の多くが、同時にきちんと受験準備も行い、見事に志望大学に合格しています。

                    




 修学旅行と一年校外特別活動は?


東京高等学校では、9月上旬に、一年生は二泊三日の校外授業で長野県の白馬方面にて、黒部ダム見学や農家ステイなどを行い、二年生は三方面に分かれての修学旅行(カナダ、北海道、沖縄)を実施しております。



 クラス編成はどう行うの?


平成29年東京高等学校の生徒数は、1,142名。学級数は、1年10クラス、2年11クラス、3年11クラスです。
二年次からは、コ−ス別(人文コ−ス、理数コ−ス、英語コ−ス、体育コ−ス、文理コ−ス)のカリキュラムによるクラス編成となります。
各コ−スでは、大学進学を目指す人の中から選抜されたクラスを設けています。この選抜クラスは授業の内容も高度で進度も速く、講習会や学習合宿等への積極的な参加も奨励されているので、生徒にはかなりの努力が求められます。
文理コ−スは国公立大学センタ−試験に対応し、5教科7科目を学び、希望の国公立大学を目指します。このコ−スは、コ−ス選択時に希望者の中から成績優秀者を選抜し、少数精鋭型の授業を行います。
コ−ス選択制は、生徒ひとりひとりとゆっくり向き合い、進路をじっくり決めるための制度です。




 三年間過ごす環境は?

テラス付き食堂や新三号館の教室、二つの体育館、図書室、最新の設備が整っている視覚教室、そしてコンピュ−タル−ムやトレ−ニングル−ムと充実した施設は東京高等学校の大きな魅力のひとつです。
さらに、学校のすぐ隣には、清流・多摩川が流れています。
グランドは広々した河川敷にあり、のびのびと身体を動かす爽快感が味わえるのは、東京高等学校の特権です。
昼休みや放課後には、楽しくお喋りしたり、思い思いにスポ−ツに興じる生徒たちの姿を見ることができます。