同窓会長  柴田 夏男 (昭和52年卒業)

就任あいさつ

 

会長就任ご挨拶

                    同窓会会長 柴田 夏男(昭和五十二年卒業)

同窓会会員の皆様

 私は、平成二十七年六月二十日に開催されました総会にて承認され、第七代会長に就任いたしました昭和五十二年卒業の柴田です。

三期六年間に亘り会長の大役を果たされた矢澤秀一前会長の後任として、143年の歴史と伝統ある母校の同窓会長をお引き受けすることとなりました。

私は、同窓会が再開された昭和四十九年に東京高等学校に入学、昭和五十二年に卒業を致しました。矢澤前会長が昭和三十年に卒業されたと伺っておりますので、二十二年の開きがございます若輩者でございます。

 このような若輩者ですが、矢澤前会長のご指導の下に副会長をさせて頂き、同窓会の運営をお手伝いさせて頂いておりました。この貴重な経験を基にして、矢澤前会長が進めて来られました同窓会の改革を引き継ぎ、更なる改革・発展をさせていく所存でございます。

 あと六年で学校創立百五十周年の大きな節目を迎えます。偉大なる諸先輩の意思を受け継いで、そしてこの大切な歴史と伝統を後輩の皆さんにお渡し出来るように努力していく所存です。

どうか、諸先輩の皆様、後輩の皆様、教職員の皆様のお力をお貸し頂けますよう、お願い申し上げます。


現在、同窓会の主な事業は
(1)会報の発行
(2)同窓会名簿の整理
(3)高校生の部活動への助成等があります。
特に部活動に於いては、陸上競技部をはじめラグビ−部・女子硬式テニス部・チアリ−ディング部・吹奏楽部等の活躍は目覚しく、同窓会としても部活動に対する期待は大きく、助成についても益々力を入れて行く所存であります。

 同窓会を今後益々発展させる為、各年度の同窓生の皆さん、何卒宜しくご協力の程お願い申し上げます



第125回卒業式(平成29年3月5日) 


  

入学式(平成28年4月8日)