同窓会長  柴田 夏男 (昭和52年卒業)

就任あいさつ

 

会長就任ご挨拶

                    同窓会会長 柴田 夏男(昭和52年卒業)

同窓会会員の皆様

私は、平成27年6月20日に開催されました総会にて承認され、第七代会長に就任いたしました昭和52年卒業の柴田です。

3期6年間に亘り会長の大役を果たされた矢澤秀一前会長の後任として、143年の歴史と伝統ある母校の同窓会長をお引き受けすることとなりました。

私は、同窓会が再開された昭和49年に東京高等学校に入学、昭和52年に卒業を致しました。矢澤前会長が昭和30年に卒業されたと伺っておりますので、22年の開きがございます若輩者でございます。

このような若輩者ですが、矢澤前会長のご指導の下に副会長をさせて頂き、同窓会の運営をお手伝いさせて頂いておりました。この貴重な経験を基にして、矢澤前会長が進めて来られました同窓会の改革を引き継ぎ、更なる改革・発展をさせていく所存でございます。

あと6年で学校創立150周年の大きな節目を迎えます。偉大なる諸先輩の意思を受け継いで、そしてこの大切な歴史と伝統を後輩の皆さんにお渡し出来るように努力していく所存です。

どうか、諸先輩の皆様、後輩の皆様、教職員の皆様のお力をお貸し頂けますよう、お願い申し上げます。


現在、同窓会の主な事業は
(1)会報の発行
(2)同窓会名簿の整理
(3)高校生の部活動への助成等があります。
特に部活動に於いては、陸上競技部をはじめラグビ−部・女子硬式テニス部・チアリ−ディング部・吹奏楽部等の活躍は目覚しく、同窓会としても部活動に対する期待は大きく、助成についても益々力を入れて行く所存であります。
同窓会を今後益々発展させる為、各年度の同窓生の皆さん、何卒宜しくご協力の程お願い申し上げます


1期目を終えて(平成30年4月19日)

同窓会会員の皆様には、日頃より同窓会活動にご理解とご支援を頂きまして、有難うございます。

さて、私が前任の矢澤秀一氏より会長職を引き継ぎまして1期目が終わりました。

そして、去る平成29年6月の第44回同窓会総会にて会長に再任されました事をご報告させて頂きます。

私が、1期目の目標に掲げていた各事業について、目標を遂行する事が出来たのか?

@     同窓会報の刷新 今迄の同窓会報はモノクロで縦書きという装丁で発行されていました。同窓会会員も平成生まれが多くなり、若い会員の皆さんにも興味を持って手に取って読んでもらえるように、前回発行のこの会報より、カラーでA4版、横書きにしました。会員はじめ教職員の皆様より高評価を頂けて安堵しております。

A     いちょう祭展示 この2年間は若い大学生幹事・協議員のお力を借りて、多くの来場者に来て頂ける素晴らしい展示が出来ました。

B     部活動支援事業の見直し 同窓会では、校内各部活の支援をしてまいりました。今回、その支援内容の見直しを致しました。 その理由として、現役生の支援も大切ですが、活躍している卒業生の応援も同窓会としては重要な事と考えたからです。今までは、卒業生を表立って応援することは、ほとんどありませんでしたが、今後はスポーツ・文化・学術をはじめ社会で活躍されている卒業生の応援をしていきます。

C     同窓会総会の活性化 毎年6月に開催している同窓会総会・懇親会の見直し。大先輩の卒業生と若い世代の卒業生が一緒に参加して頂ける総会・懇親会を目指しました。まだまだ皆様のご出席は多くはありませんが、毎回100名以上のご出席を頂けるようになりました。

D     東北高等学校同窓会との交流 本校と創立者を同じくする、東京実業高等学校と東北高等学校の3校同窓会の交流を平成29年より再開致しました。まだ始めたばかりですが少しずつ交流を推進し、将来的には同窓会だけの枠を超えた、学校同士の交流も視野に入れております。

上記のように振り返りますと、まだまだ道半ばという状況です。

2期目は、1期目で推進してきた各事業を一層充実させていきます。特に、東北高等学校同窓会との交流を定期化し、相互に往来し近い将来は、学校間の部活等の交流も支援してまいります。

また、長年の懸案である同窓会規約の改定にも取り組んでまいります。少子高齢化の世の中となり、同窓会も若い幹事・協議員にも参画し易い体制にしてまいります。また、同窓会会費が少子化で減少していく事を想定して賛助会員や寄付なども検討していかなくてはなりません。

最後に、平成29年3月の第125回卒業式に於いて本校の卒業生が3万人を超えました。 これは明治23年(1890年)に上野塾、東京数理学校を引きついだ、東京数学院からの卒業生累計となります。その内、同窓会会員は半数の1万5千人になろうとしています。また、5年後の2022年には学校創立150年を迎えます。この150年という長い歴史を誇る本校の発展、そして多くの卒業生・同窓会会員の為に、一層精進をしてまいります。皆様の一層のご理解とご協力が大切となってまいります。どうぞ母校の発展、同窓会の発展の為にご支援をお願い申し上げます。

 


第125回卒業式(平成29年3月5日) 


  

入学式(平成28年4月8日)